リフォームを松山市でお考えなら松井建設へ


太陽光発電で削減できる光熱費

削減できる光熱費は?

太陽光発電システム設置によって削減できる光熱費はどのくらいでしょう?

太陽光発電によって、1日中自家発電ができるわけではありません。
自家発電できるのは、太陽が出ている昼間に限られるので、夜は電力を買うことになります。でも、昼間発電した電力のうち、使わなかった電力「余剰電力」は、電力会社に売ることができます。
      ↓ ↓ ↓

○ 昼間は電気を売る(売電)
○ 夜は電気を買う(買電)


単純に考えると、光熱費は・・・。
○ 消費電力>発電電力 → 電力会社に支払う。
○ 消費電力=発電電力 → 電力会社への支払いはゼロ。
○ 消費電力<発電電力 → 電力会社から収入を得る。

でも、消費電力>発電電力 の場合でも、1kwあたりの電気代は、昼間と夜では異なるため、支払いゼロが可能になることがあります。


太陽光発電とオール電化で、光熱費は以下の4つに分けられます。

A:太陽光発電による電気を直接利用。
B:太陽光発電で余った電気を売電。
C:通常の買電(昼間電力料金)。
D:安く買電(深夜電力料金)。

      ↓ ↓ ↓

1kwあたりの電気代が高い昼に売電をして、1kwあたりの電気代が安い夜に買電をすると、
光熱費は、電力会社から収入が得られるプラス収支も可能となってきます。

削減できる電気代は、季節別・時間帯別ごとに計算が必要になってきます。

設置前の場合は、家の条件(方位や地域)・季節(日照時間の差)・生活パターンや電力消費パターンにより異なるため、概算で計算することになります。 

太陽光発電のお問い合わせ・ご相談はお気軽に。


 お問い合わせはこちら>>


自然素材で仕上げておりますので、素材ひとつひとつもそうですが、全体の空間として自然素材をご体感いただけると思います。
たとえば、珪藻土の塗り方にしても、小さな見本だけでなく、壁自体がサンプルになっておりますので、仕上がりに近い形でご覧頂けます。